やきとり石井(北千住)

今回のお店は、北千住駅西口から飲み屋街に入ってすぐの「やきとり 石井」です。

こちら石井は6人掛けのカウンターとテーブル席2つのみの小さなお店。そして、予約不可なので、金曜日の19時過ぎだと入れるかどうかは運次第。

以前に入ろうとしたときは満席だったので、今回も駄目もとで覗いてみるとぎりぎりセーフ。ようやくの初訪問となりました。

以前から興味はあったものの訪れる機会がなかったのは、予約不可なのに加えて、店頭に目立つように掲示されている注意事項のせいもありました。

必ずお読みになりご入店してください。

  • 合流・待ち合わせは、できません。
  • お1人様30分ワンドリンクのご注文を頂いております。
  • 当店、二時間までのご飲食となります。
  • 未成年の方のご入店はできません。

やきとり 石井

私たちの場合、放っておいてももっと飲みますから、30分ワンドリンクのルールは問題ないとしても、何となく面倒そうなお店だと思ってしまっていたのです。

ところが、実際入店してみると店主のあたりはソフトだし接客も丁寧。頑固オヤジみたいな店主を思い浮かべていたのが、良い方向に予想が外れたとの印象。

勝手に想像してみると、店主は穏やかな性格であり注文せずに粘るような酔っ払いにも厳しいことを言えないタイプ。そこで、敢えてルールを決めて明示することで、誰に対しても一律の対応ができるようにしたのかなと。

北千住駅西口の飲み屋街入口という場所柄、マナーの悪い酔っ払い客なども多いでしょうから、最少の人員で小さな店を守っていくための1つの方法なのだろうと。ここまですべて勝手な想像ですが。

店内にも「ビンビールは、1本でワンドリンク」とか、「お持ち帰りはやっていません」とか、いろいろ書かれています。しかし、特に無茶な要求をされているわけではありませんから、お店のルールに従えば済むことだし別に嫌な気分にはなりません。

本当に「30分経ったのでドリンクはどうされますか?」みたいな感じで客に声をかけていたのには少し驚きましたけど、常連だろうと誰だろうと分け隔てせずに30分で声をかけるのは、誰にも文句を言わせないためには確かに正しいやり方なのでしょう。ユニークであるのは間違いありませんが。

さて、前置きが長くなりましたが、こちら石井はその日の1件目として訪れて、好きなだけ飲み食いしてさっと立ち去るというような使い方に向いていると思われます。焼鳥は1本が大きくその他の料理もボリュームがあるので、制限時間である2時間もかからずに普通は満足できるはずです。

この日頼んだのは2人で次の通り。私は生ビールの後に、焼酎をロックで2杯いただきました。焼酎はグラスにたっぷりと注がれるので、お酒にあまり強くない方は30分ワンドリンクルールに気をつけましょう(もちろん、サワーなどもあるので、そういうのを選べばきっと大丈夫です)。

お通しと生ビール

梅キュウ

もつまみ

大量のもつばかりで食べきれるかと心配になったものの難なく完食。

おまかせ やきとり 盛り合わせ

焼き方もおまかせすると、左から塩、しょうゆ、みそだれとのことでした。

1本が大きいので、私には1人で盛り合わせだとちょっと多いかな。でも、串を外して食べちゃ駄目みたいな雰囲気はないですし、2人でシェアするといい感じの満足感。

ピーマン

肉を食べつつ、生のピーマンを齧ると口の中がサッパリします。

うま辛肉どうふ

濃厚な味付けの肉が、豆腐でサッパリとして、焼酎が進みます。

ここまで食べて、焼鳥屋に来たというよりは、肉をいっぱい喰らったという食後感。それでも、後で胃もたれしたりすることもなかったのは、やはり焼鳥屋だからでしょうか。

そして、正統派の焼鳥屋かと思いきや、今回の「もつまみ」、「うま辛肉とうふ」以外にも、いろんな鶏系創作(?)料理があるとの意外性が楽しい。相性はあるかもしれないですが、30分ワンドリンクが平気なら、1度は行ってみることをお勧めします。

やきとり 石井
東京都足立区千住2-65-8
TEL.03-3882-6858(予約不可)