2018年5月18日にリニューアルオープンした「雑賀 北千住駅前店」に行ってみました。今のところ、平日はわりと空席があるようにも見えますが、少なくとも金曜日は予約した方がよさそうです。

このときは金曜日の19時前に予約なしで行ったところ、カウンター席なら入れるとのこと。テーブル席は全て予約で埋まっていたようで、しばらくすると満席になりました。

煮込み

最初は、煮込みから。

メニューには、雑賀の煮込み(450円)と、雑賀特製煮込み(330円)の2つが載っています。450円のを頼んだつもりなのですけれど、量が少なかったので330円の方だった?

実際に2種類あるのかは確認しなかったので不明ですが、たしかにメニューには2種類の価格表示がありました。どちらの煮込みかはさておき、やさしい味噌味で美味しかったです。

ちなみに、この日はデジカメ(SONY DSC-RX100M3)を忘れてしまったので、スマホで撮影しています。店内の光の具合と相性が悪かったせいか全般に色味が悪くなってしまいました。

海鮮サラダ

海鮮サラダの海鮮は、サーモンとしめ鯖だったかな。味は可もなく不可もなくといった感じなものの、海鮮は多めに載っててボリュームには満足。

砂肝、豚ハラミ、鶏レバー

串は左から、大山地鶏砂肝、上はらみ、大山鶏レバーです。

焼き方を指定しようとしたところ、レバーはタレ、それ以外は塩が基本だとのこと。要望があれば変えられるというような言い方もしていましたが、まあ良いかとおまかせに。

豚たん、シロ

お次は、上たんねぎ塩、上しろ。

レバーだけじゃ無く、シロもタレで出てきました。タレはレバーだけじゃ無かったの?などと思いつつも、シロは柔らかく美味しかったです。

串はどれも悪くなかったものの、ぜひまた食べたいという感じでも無く。そして、タレとか塩とか決まっているなら、メニューに分かるように書いといて欲しいなとかと思ってしまったり。鶏だって、せっかく大山鶏と比内地鶏の2種類があるのだから、違いを分かりやすく書いておくか、最初に口頭で説明すればいいのにとか。

なんて言いつつ、そういう細かなこだわりの無いおおらかさがこのお店の魅力なのかもしれません。メニューはいろいろあるし大勢で気軽に使うには無難でしょうし。ただし、予約で満席になっているのは、北千住駅からすぐという好立地だからだと考えます。

でも普通の焼き鳥屋さんとしては十分美味しいはず。もつ焼きのプチマニアである私からすると、このお店ならではというものが感じられなかっただけです。

リニューアル効果が薄れた頃にでも、もう一度お邪魔してみようかと思います。

雑賀 北千住駅前店
東京都足立区千住2-62 瀬田ビル1F
TEL. 050-5872-2554