今回は、北千住で沖縄料理が楽しめる「うるま島2(ターチ)」へ行ってきました。

店内は沖縄っぽいリゾート感もありながら、小ぎれいでちょっと洒落た雰囲気もあり。女子会にもデートにもいい感じだと思うのですが、何故かこの日は男性客が多めでした(その理由についての考察は後ほど)。

オリオン・ビアナッツ

オリオンビール生と、お通しのオリオン ビアナッツでスタート。

海ぶどう

海ぶどう

今まであんまり積極的に食べた記憶が無かったけれども、思いの外おいしかったです。これは、次回もきっと注文します。

ルートビア ハイボール

ルートビア ハイボール

ルートビアが何であるか分からず、ハイボールみたいなものかと思って注文してしまいました。ルートビアは缶入りの甘い炭酸飲料でしたが、ハーブのような薬草のようなとにかく独特な味わい。ドクターペッパーをもっと強烈にしたような。

私は甘さと薬っぽさが気になって駄目でしたが、同行者は苦も無く飲んでいました。きっと好き好きなのでしょうし、好きな人には癖になる味なのかもしれません(メニューにもたしか「癖になる味」みたいなことが書かれていましたし)。

その後、私は泡盛を飲んでいました。

スヌイの天ぷら

スヌイ(もずく)の天ぷら

沖縄の天ぷらは、ウスターソースを付けて食べるのが基本とのこと。普段食べてる天ぷらとはぜんぜん別ものだけど、これはこれで旨い。

ゴーヤーチャンプルー

ゴーヤーチャンプルー

ゴーヤーとポークがたっぷり、沖縄料理店ならではのゴーヤーチャンプルーでした。

あぐー豚のせいろ蒸し

あぐー豚のせいろ蒸し

その名のとおり、豚バラ肉のせいろ蒸しを、シークポンズ(シークヮーサーポン酢)、沖縄塩、ピパーツ(島こしょう)でいただきます。

いわゆる沖縄料理を食べているという感覚は薄いとも感じましたが、豚バラの下に敷かれているのがキャベツとゴーヤーであり、また、つけダレにピパーツを振りかけると一気に沖縄感がアップします。

そして、無理に沖縄を感じようとしなくとも、ボリュームいっぱいのあぐー豚をおいしく食べられます。これはお勧め。

沖縄そば

沖縄そば

メニューには、沖縄そばとソーキそばがあります。今回は沖縄そばを選んだところ、具はかまぼこ、ネギ、紅ショウガのみでした。

沖縄そばでも少しは肉が入ってるかと勝手に思っていたので想定外。そして、そばが随分とボソボソしているのも不思議な感じでした。

こちらのお店では、肉無しでこの食感のそばによるのが「ベストな沖縄そば」だと考えているのでしょうから、私がどうこう言うべきではありませんが、ちょっと好みとは違ったかな。

なお、メニューを改めて見てみると、沖縄そばの具がイラスト付きで説明してあり、これを見れば肉が入っていないことは分かります(ということは、「肉は入ってないの?」と聞かれることが多いのかとも思いますが)。

最後の沖縄そばについては、個人的な好みではちょっと期待外れだったのものの、他はどれも味もボリュームも満足できました。そして、一品ごとの量が多いせいか、お会計もリーズナブル。

最後に勿体ぶるほどの話ではありませんが、うるま島ターチにはなぜ男性客が多いのか。

まずは、料理がお手頃価格でボリュームがあること。沖縄料理を特別視するのでなく、気軽にいっぱい食べて飲みたいとの需要に合っているのでは無いかと。

それから、ホールのスタッフが感じの良い女性ばかりというのもあるかと。

島んちゅーがやってるディープな沖縄料理店ではなく、カジュアルに楽しめる沖縄リゾート。うるま島ターチは、そんなお店でした。

うるま島ターチ
東京都足立区千住3-53 エピドルージュ1F
TEL.03-5284-8766